遺品整理とは何なのか、何をするのか?

死亡された人の遺品を残す物と処分する物に区分することを遺品整理と言います。処分するものそのものも、キチンと仕分けをしなければなりませんね。

[+IMAGEALT+]

遺品整理とは何なのか、何をするのか?

昨今は高齢化社会になっているし、独居老人も多いです。

核家族化が進んでいることもあり、一人住まいの人が多くなっています。

そんな人達が亡くなったときに問題になるのが遺品整理です。

こうした状況を反映してか、最近では遺品整理専門業者の話もよく耳にする様になりましたね。

遺品整理業者とはその名の通り遺品整理を専門に扱う業者の事で、全国展開している遺品整理ネクストがよく知られているようです。

このように需要が高いと考えられている遺品整理ですが、ではどうして専門業者に頼まなければならないほどの事態となるのでしょうか。

今回は【遺品整理とは何なのか】をご紹介しています。

亡くなった親や家族や親類が住んでいた部屋。

物置の中にはいろいろな家財が入っているでしょう。

タンスの中を開けてみると、着物や洋服がたくさんあるかもしれません。

リビングルームには日用品が残ったままになっているのではないでしょうか?亡くなった人の思い出の品ばかりかもしれませんが、そのままにはできません。

どのように片付ければいいのでしょうか?仕分けをする必要があります。

▼遺品整理とは?

死亡された人の遺品を残す物と処分する物に区分することを遺品整理と言います。

処分と言いますと捨てるイメージがありますが、そうではありません。

場合によってはリサイクルとして利用できます。

また買取をしてくれるものもありますし、廃棄処分する場合でも別途費用が必要になることもあるから厄介です。

処分するものそのものも、キチンと仕分けをしなければなりませんね。

▼遺品整理はいつするのか?

一般的に、遺品整理のタイミングは葬儀が終わってすぐではありません。

お通夜が終わって気持ちにゆとりができて落ち着いてからになります。

場合によっては故人が生前にきちんと整理していることもあります。

ですが急死した場合は遺品整理にこまります。

そこで遺品整理の業者のニーズがでてくるのです。